オカルトカレー Top > スポンサー広告 > セコオカルトカレー Top > 山にまつわる怖話 > セコ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

セコ


147:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 01:58:44.21 ID:6sMAkVdDO
実家が林業なもんで、セコの話なんてのは色々よく聞いたな

うちの親父が山の中を歩いていると、ガシャンガシャンとかガランガランという金属を叩く音が聞こえてきたそうな
音のする方に歩いて行っても距離は縮まらず、ある程度歩いたところでピタッと音が止み「ああ、これはセコだな」と気付いて踵を返した

とかね
実家がセコのルートに建っているから色々あったり、爺さんの親戚が無茶やって祟られたり、知人が怪我を負わされた、みたいな話なんかもある

148:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/04/12(木) 06:01:55.96 ID:UtTgj4fdO
お~い…
家の近所の寺の山にあった石仏盗んだ在日、祟られるからすぐに返せ
どうなってもしらんぞ



150:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 07:17:35.72 ID:LcGo6WJb0
>>147
「セコ」って勢子の妖怪なのかな?

【勢子】《「せご」とも》
狩猟の場で、鳥獣を追い出したり、他へ逃げるのを防いだりする役目の人。狩子(かりこ)。

[ 大辞泉 提供: JapanKnowledge ]


152:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 08:13:28.43 ID:uQMZX4zl0
ああ あれ、セコっていうのか!
知らない妖怪?だわ。
なんか嬉しかったから全っ然怖くなくて申し訳ないけど投下させて欲しい。

肝試しというか、廃墟マニアな為、廃村群を見に秩父山中のある場所を目指したが、
こちら関西の人間で全く土地勘がないくせに神奈川中心を昼過ぎに出発した上何度も迷った。
なので目的地に着いた時は夜だった。
何時頃だったかな、夏だったから確実に21時は超えてた。
半端なく暗い。
むしろ闇そのもの。
山に囲まれた田舎育ちの自分は夜の山の圧迫感に近いその暗さを知っているけど、そんな時間に山そのものには入ったことなんか一度もない。

懐中電灯を同行者とそれぞれ持って下車し、探索開始。
昼には着く予定(明らかに色々間違ってる)だったから、
視界が悪くて廃村どころか廃屋の一つすらなかなか見けられない。
同行者は都会生まれの都会育ちなので、何度もライトを消しては山の迫るような真っ暗闇にビビりながらも喜び混じりに驚嘆してた。

山道は一応誰も通らなくなって久しいのが分かるもアスファルトが敷いてあってグニャグニャ登って行った。

153:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 08:14:10.20 ID:uQMZX4zl0
ふと、ある場所を通過した時に真横の切り立った高い山壁の上からガランガランという金属音が聞こえた。
見上げても外灯ひとつなく、同じような明かりを持った動きも見当たらない林の中からしている。でも誰か(地元民?)いるかもしれないので、
とりあえずスルー。

歩いていた道の先が明らかに収穫なかったので引き返すと、同じ場所で同じく、上の真っ暗闇の林から
ガランガラン、ガラガラ…カラカラカラ…
叩くというより、飯盒を打ち震わせたり、
大きなシャベルを引き摺る音に似てる。断続的。
音量はあまり大きくない。しかし静かな夜の山中だからよく聞こえる。
流石にしつこいし不思議に思ったし、人だと嫌だから
同行者と黙って通過し離れてから、立ち止まり全部話した。
「そんなの聞こえたっけ?」
自分は、秩父山中で遺体が、とかよく聞いた記憶から、
誰かがそういうお仕事中だと違う意味で怖いし、騒ぎたくもない。
でも自分だけだと後味悪いから、同行者に聞かせる為にその場所にライトの頭を手で覆い隠しながら引き返した。
やっぱり聞こえる。
同行者も小さな声で「ほんとだ、聞こえる」
音は同じ場所のかなり狭い範囲を往復しているみたいだった。
山の夜の真っ暗闇の中に、かなりの長時間、一定箇所で途切れ途切れに金属音。
近付こうにもそこに到る道が見る範囲ではない。
じっと聞いてて何か(人でも人外でも)が来たら嫌なので、そのままそのルートは抜けた。

154:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 08:20:19.95 ID:uQMZX4zl0
後から、あれは何だったのか?という話になって、
地元民が何かしてた、獣が罠に掛かって獣を報せる仕掛けにぶつかっていた、危ない人の危ないお仕事中、
風でゴミか 見えなかったけど作業小屋みたいなのがあってそこに掛けてある道具が鳴っていた等
諸説を出し合ったが、どれもしっくり来なかった。
というか無風でいくら山中でも動きまわっていたので馬鹿暑かったのを覚えている。
ちなみに同行者は比喩する音の源(自分だと飯盒やシャベル)が全然違った。謎。

セコをよく知らないんだけど、山の怪としては有名なの?

155:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 09:25:08.75 ID:PFBpBSyFO
それの正体が、妖怪か幽霊かそれとも現実的な理由かはわからんけど
あるいは山の残存思念みたいなものかもしれんね。

かつて山に鳴り響いた勢子たちの鳴らした音。その古い記憶を山が時折思い出しているのかも。

ただ勢子って、殿様とか偉い人達の狩猟で使ってた印象あるけど、どうなんだろ。


156:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/04/12(木) 09:42:51.61 ID:qiUFIKVw0
動物除けの仕掛けじゃないの?

俺の田舎の山奥に、今では夏季しか使われない集落がある
管理人を置いて、秋・春には狩人に集落を貸してる

昔は山の中に小さい田畑があって、猪や熊といった動物よけに、でかい鈴や鉄板を使って
音の出る仕掛けが施されていた
山の中の田畑は自然に還っているけど、仕掛けは残っている所もあって
風に吹かれたり動物が触れると音が鳴る


159:147[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 17:03:20.91 ID:6sMAkVdDO
セコの語源は勢子だろうね
狩猟で獲物を追い立てる時に「ほーい、ほーい」と叫んだり金属を叩いたりしたのを真似るんだよ
実家の辺りではセコは川に下ってカッパとかガラッパとかになる、って言われてる
そのセコが往復するルートに実家があるから、今もたまに家鳴りがするっぽい
つい最近は、庭で犬が狂ったように吠えてるからおかしいなと思って外を見ると、風呂のボイラーが独りでに動いていたらしい
空焚きだったから下手すりゃ火事になってたかもね、ってな話があった

160:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 19:43:22.65 ID:3Sz4qX830
小さい頃にばあちゃんに、山で遠くから話しかけられても答えてはダメ、
聞こえない振りをしろといわれたけれど、あれも妖怪の類なのかな?
へー!、おいー!、ほー!とか、いかにもこっちが返答しそうな感じで
話しかけられるんだって。
ここ読んでて思い出した。

166:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 06:28:18.05 ID:1DlnFkf9O
>>160
例えば山の中で「ほーい」と声がしたとして、それに「ほーい」と返すと、また「ほーい」と返ってくる
人がいるところに行こうとするからか、それともそういう力があるのかは分からんけど、それを繰り返している内に山の中に迷い込み、もしくはそのまま行方不明になる、っていう話はあるね

>>165
ガシャンガシャン音が鳴るところに立ち塞がるように長居したとか、そっちに小便したとかいう人が濡れた荒縄で全身を叩かれたような感じになって酷かった、みたいな話もある

167:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 06:36:34.04 ID:1DlnFkf9O
あと、これはセコかどうかは分からんのだけど、うちの爺さんの叔父だが親戚だかの話
ある日の夕方くらいに、山の上に虹色に輝く光の柱が現れたことがあって、集落で騒ぎになったことがあったらしい
狐か狸か、山の神か、それとも違う化物の類いか、という話になって、みんなで怖がっていた傍らで一人の男が猟銃を構え、その光に向かって撃ったんだと
光がどうなったかという話は聞かなかったけど、その男(爺さんの叔父だが親戚)は高熱を出してすぐに死んじまった

168:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 06:45:11.62 ID:1DlnFkf9O
>>165
もひとつ言っておくと、うちの実家はそのセコが川から山に上がるルートの途中にあるらしいんだよ
で、ちょっと離れたところに作業小屋があるんだけど、そこの裏側に祭壇というほどのものではないにせよ、たまに御神酒とか榊なんかを捧げる場所がある
崖と小屋との間にある薄暗い小さな空間で、薄暗くて常日頃から気味が悪いと思っていた場所なんだけど、家の風呂が壊れた頃に、人目につかないという理由からかそこに風呂を作ったんだよね

犬が半狂乱になって騒ぐから、すわ何事か、ということになって気付いたらしい
犬には感謝だよ

169:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 06:59:58.35 ID:1DlnFkf9O
一つ話を思い出した
叔父が山で仕事をしていて、休憩で一服している時、何かの気配とか視線を感じてそっちを見たら、切り株の上に子供がいた
赤茶けた麻のような長い髪と、素肌の上にちゃんちゃんこを着た子供が自分をじっと見つめていたらしい
何を見ているのかと視線を辿ると、腰にぶら下げた鉈が目に入った
もしかしてこれが恐いのかな、と思って鉈を外し傍らにポンと放ったところ、子供は安心したかのようにスーっと居なくなった、と

そういう類のモノは金属を嫌うっていう話だが、という話

170:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/04/13(金) 09:17:33.87 ID:oB1bfUh/0
金属というか刃物は魔除けになるという話は聞いたことがあるね

171:160[sage] 投稿日:2012/04/13(金) 09:28:23.45 ID:09FeKEF50
>>166
そっかそっか。山の深みに迷い込んで危険ってことなのかもね。
山菜取りみたいだなあ。

田舎だと地区に数人いるよね。山菜取りで行方不明。
ばあちゃんが言うに、舞茸の大株がたくさんある特別な場所があって、
取りすぎると足が埋まって戻ってこれなくなるって。
大事なものはちょっとずつの精神なんだろうけどね。
山から戻ってこない→ああ、あの人は欲張りだったからね・・・みたいな流れで噂になるって。

当然関係者が生活してますよ。



元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part61∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1332579831/


アクセスランキング
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
【トラバURL】http://okarutokaree.blog.fc2.com/tb.php/38-a020d1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【セコ】
147:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/04/12(木) 01:58:44.21 ID:6sMAkVdDO実家が林業なもんで、セコの話なんてのは色々よく聞いたなうちの親父が山の中を歩いていると、ガシャンガシャ まとめwoネタ速neo[2012/05/12 07:49]




 

最新記事

最新コメント

タグ一覧

RSS

カテゴリ

リンク

メールフォーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。