オカルトカレー Top > スポンサー広告 > イモケ様オカルトカレー Top > 洒落怖話 > イモケ様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

イモケ様

132:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/01(金) 20:01:59.77 ID:TwSlcpWx0
長いけど

昔ばあちゃんの家に預けられてた時
後ろの大きな山にイモケ様って神様を祭る祠があった。
ばあちゃんの家の周りには遊ぶ所も無く行く所も無かったからその祠の近くにある池でよくじいちゃんと釣りをしていた
ある日じいちゃんとばあちゃんが町に買い物に行くので俺一人で留守番する事になったんだけど(軽トラなので)
する事が無かったので一人釣りに行く事にした。

実はその池に行くのには凄く遠回りをするが2人ともいなかったので抜け道をする事にした。
その抜け道はちょうど、となりのトトロでメイが潜っていった様な所で人一人抜けられる場所だ
でもじいちゃんもばあちゃんも絶対通ってはいけないと言ってた(理由は教えてくれなかった)
入り口を囲む様に石が並べてあったが子供な俺はそんなのお構いなく入っていった
今思うと完璧に人工的な並びだった
そうして歩くこと20分池に着いた。
1時間程釣りをしていて何気なく遠くの方を見たらチラッと人影が見え声が聞こえた
「あきよへほ あきよへほ」みたいな感じに
普段誰も来ない場所なので少し気になり見に行くことにしたが誰もいなかった。
まぁ気のせいだと思い釣りを始めようと思っていたらじいちゃんの軽トラが走ってきた
俺はじいちゃんが迎えに来てくれたと思い釣り道具を片付けていたら物凄い勢いででじいちゃんが車で近づいてきた
問答無用で車に押し込められ釣竿もお気に入りだった水筒もその場に置きっぱなしになってしまった。
何か白い布を被され絶対出てくるなと言われ、家に帰るまでじいちゃんはずっと何かを唱えていた

家に着くと俺を包んでいた白い布をじいちゃんが被り新しい布をばあちゃんがかけてくれた
ふと見ると近所の人たちが集まっていて家は白い布で覆われていた
あれほどの大きな布をどうやって調達したのか、今思うにこの時の為に用意してあったのだと思う。
そしてばあちゃんにお風呂に入れられ少し大きな部屋に連れて行かれた。
しらないお爺さんがいて何処を通っていったのかどのくらいの時間かかったのか色々聞かれた
その後イモケ様の事について聞いた
イモケ様は池を守る神様だけど幼いので一人では寂しいのからと昔は子供を生贄に捧げていたらしい。
その子供が抜け道を通りイモケ様の所へ行っていたらしい。

134:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 20:03:46.99 ID:TwSlcpWx0
しかし生贄とかの時代が終わり寂しくなったイモケ様は里に下りてきて子供を連れて行くようになり
連れてきた子供が逃げないように足の筋を切りずっと自分の側にいさせていたらしい
それでイケモ様が外に出ないように石を並べて道を閉じたと言う話だった。
最初は冗談と思って聞いていたが自分の足を見た瞬間凍りついた。
右足のスネの後ろが切れていて血が出ていたからでも痛くはなかった
いきなりお爺さんが叫んで白い布を被った人が俺を囲みばあちゃんが傷を小さい札?見たいなもので止血してくれた

このままでは危ないと言う事で急遽俺は家に帰されることに
またしても布を被されじいちゃんの車に乗せられた
イケモ様は白いものが見えないらしく布を被れと言う事だった。(にも係わらず家の中で足を切ったのは完全に家を覆いきれて無かったかららしい)
布を被る前にみたじいちゃんの軽トラは黒い部分はわら半紙で隠され荷台には大量のお菓子が乗せられていた。すごくかっこ悪かった。

そして何事も無く走る車俺はもっと何か起きると思っていたので拍子抜けしてしまった
ずっと布を被っていたのでつい窓を開けてしまったら外から
「きよへ」
と声が聞こえたがじいちゃんは普通に運転していたので気のせいだと思ったが
耳元で「きよへ」の声がはっきりと聞こえた
ここで意識が無くなった

目が覚めるとばあちゃんの家だった
ばあちゃんに話したら全て夢だと言われた。
水筒も無くなってるし釣り道具も無かった

この話をしても誰も信じてくれないが右足に本当に傷が残ってて
何年経っても最近出来た傷のように見える。
本当の話だけど何か知ってる人いないですかね?

139:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/01(金) 22:16:42.50 ID:oqXg9KWTO
イモケだかイケモだかはっきりしろ

140:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 22:19:52.31 ID:FBIUgPvX0
俺はイモケだろうがノンケだろうが構わないんだが

141:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 22:42:00.35 ID:S3pZFAI80
>>132  >>134
>イモケ様は池を守る神様

おそらく
池守(いけもり)の神様 ⇒イケモ様が正しいと思う。
農業用水の溜め池の水利灌漑の神様だろう。


142:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 22:55:14.65 ID:TwSlcpWx0
>>141
本当か!?
ならこの傷の消し方教えてくれよ!

143:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 23:09:35.27 ID:yqyXNGnh0
まずは傷うp
話はそれからだ


144:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 23:11:33.03 ID:S3pZFAI80
>>142
「あきよへ」
「あ」は あなた 汝
「きよへ」は 来よへ 来寄へ の意味 

あなたは来て寄りなさい。
あなたは此方へ来て私の傍に寄りなさい。
の意味だろう。


145:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 23:20:16.05 ID:S3pZFAI80
>イケモ様は白いものが見えないらしく布を被れと言う事だった。
色を感じずモノトーンでしか見えない、赤外線スコープで追跡をして感じる
恐らくは正体は蛇神だろう。


146:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/01(金) 23:29:48.20 ID:S3pZFAI80
>>142
日本の神様は 邪神や悪神でも何らかの協定を人民と結び
決められた日に祭儀や貢物をする代わりに
祟りを鎮めたり 反対に鎮守をお願いして頂いてる地神が多い。

霊傷に寄るものは 何らかの印になるものが多くて簡単には消せない。


155:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 07:46:30.73 ID:N7vw1gxc0
>>143
ごめん遅くなったけど
imk.jpg



156 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/02(土) 07:52:36.51 ID:zO5sAS1OO
>>155
うわきたねえ肉!
なんだこれ


158 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 08:08:32.86 ID:N7vw1gxc0
>>156
かまってもらえないからってあたるなよ・・・


160 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/06/02(土) 08:38:11.53 ID:zO5sAS1OO
>>158
正味の話、100人がその画像見たとして99人は不快になると思うぜ
ごめんて、遅くなったことではなく汚いことについて謝るべき

161:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 09:00:40.87 ID:WZQeinou0
>>155
傷が印ならイケモ様はお前のこと忘れていないんだろ?
人間の数年なんて神様からしたら僅かな時間だろうから
だからもう一度その池に行ってくれよ
面白そうじゃねえか
白いカッパ着ていけばいいし
田舎がどこか知らんが一泊2日くらい可能だろう?

162 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 09:14:41.40 ID:N7vw1gxc0
>>161
祝ってやる


167:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 10:31:13.58 ID:WZQeinou0
実話なのか、創作なのか
投稿者なのかそれを装っているのか…を知りたくてな
カマをかけたんだ

危ないんだよ
軽トラまで追ってきてたろ?なら完全には封じられてないわけだ

投稿者が何歳かは知らないがまだ未婚なんじゃないかな?
イケモ様は投稿者の子供を狙っているかもしれない。
もし既に子供いたら今何歳だ?そしてお前が池に行ったのは何歳だった?

と、まぁ確かにここではこれ以上やりとりしない方がいいな
すまなかったな

172:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 12:25:30.60 ID:k01c/UBl0
>>167
でも、ばあちゃんの家に逆戻りして、夢だったことにされたんだよね
つまり問題は解決したってことでは?
大人たちはもう安全だと確信したから黙っていると見た
当時を知っている大人に確認してみたらどうだろう?

173:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 13:13:05.57 ID:WZQeinou0
ならむしろ隠す必要が無くなるんじゃないか?
きっちり戒めないとまた同じことが起こる

結局逃げ切れなくて、別の方法…つまり別の子供を差し出してイケモ様には帰って頂いた
解決したので急いで家へ帰る必要もなくなったのでばあちゃん家へ引き返し
起きて何か騒ぎ出したら変な夢でも見たんだろと言い聞かせることにした

気絶している間にこんな出来事があったら嫌だな
話せない何かがあったとかの方が怖い

176:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 13:32:59.21 ID:k01c/UBl0
>>173
いや、自分が想像したのは、その神様を何とかしたってこと
完璧に封じたとか、別世界にお引取りいただいたとか、消滅させたとか
もうそうだったなら、もう戒める必要もないだろ?

178:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 13:48:55.73 ID:AhFpFRUo0
>>176
>>134 を読むと、逆に神様に何とかされたように思えるけどな。
もう周りの大人は逃げなくてもいいと思うようになったわけだし。

ところで、じいちゃんがいるはずなのになぜ「ばあちゃんの家」なのだろか。

179:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 13:51:36.83 ID:WZQeinou0
>>176
それならいいんだけどな

石で封じる(この辺ちょっと謎)とか、見つからないように布に隠れるとか、車で逃げるとか
これらをみるとどうも回避手段であって、対抗手段を持っている様には思えんが…
そもそも守り神だろ?自分たちで封じるとかはなぁ…昔は生贄を渡してたほどだし

>イモケ様は里に下りてきて子供を連れて行くようになり
対抗手段があればこの時点でやってるだろう
よくある話だと池を監視する坊主とかが居そうだがw

180:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 14:12:51.58 ID:k01c/UBl0
>>179
ヒント タイミング

当時はそれだけの能力のある人間がいなかったから不完全な封じだけで精一杯だったが
今回は近所の神社仏閣にそれなりの能力を持つ人がいたから何とかなったとか

あと、時が経つに連れて神様の力が弱ってくることもある
(コトリバコの話でも、時が経てば呪いの力が薄れるとあったね)
ましてこの神様は生贄も提供されていなかったんだから、尚更だ

そもそも白い布程度で目くらましできる程度の神様だったんだから
元々そんな凄い力を持っている神様のようにもあんまり見えない

まあ当時を知っている大人に確認してみるしかないんじゃないかな

181:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 14:32:00.73 ID:WZQeinou0
>>180
ちょw お前飛躍しすぎだろw想像追加しすぎw

>それなりの能力を持つ人がいたから何とかなった
ならなんで危険な神様放置してた?なんですぐその神社仏閣に向かわなかった?
>あと、時が経つに連れて神様の力が弱ってくることも
イケモ様はまだ幼いとあったから、逆に成長していく気がする
>コトリバコの話でも、時が経てば呪いの力が薄れるとあったね
呪いは念であって実態が無いものだから、霊体の力とはまた別だと思うが?
毒ガスでも拡散してしまえば危険ではない
>ましてこの神様は生贄も提供されていなかったんだから
分かっているのは「寂しがるから」ってことで力との関係は不明
それに生贄を捧げる意味は契約とか忠誠とかお礼とかそういうことだろ?
>元々そんな凄い力を持っている神様のようにもあんまり見えない
物的世界に対しての干渉力と霊的世界での力は別だろう


182:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 14:54:56.13 ID:k01c/UBl0
>>181
うん、だから何度も当時を知っている大人に確認しろと言っている
自分もだが、お前の言っていることもしょせんは想像だから
自分の想像は根拠あるが、お前の想像は飛躍し過ぎと言い合ってもしょうがないだろ?
どっちもあくまで可能性の1つだよ
本人が当時を知る人間に確認するしかないってこと
確認できたらまたここにその報告を書いてくれたらいい


183:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 15:26:26.10 ID:WZQeinou0
>>182
俺は自分のレス(呼びかけ)の理由と 
>と、まぁ確かにここではこれ以上やりとりしない方がいいな って言ってるのに
それに対して自論を展開してきたのはお前だろ?

>>173でそれに答えて、その後オカルト話としては
こういうオチがあったら怖いなって言っただけだ
まぁ感想書言っただけで 「この話の真相はこうだ!」って意味じゃない
その後さらに自論を展開したのはお前だろ?

基本的に俺はお前に答えてただけだぞ
そもそも俺も最初から「ばあちゃん家行け」て言ってる
その辺、忘れないで欲しいね

てか、ヒントってのは正解に導くものだろ?想像だったのかよ
あんまりだろw

213:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/02(土) 19:37:18.65 ID:vW392HBj0
>>155
思ったより大きな傷では無いですね。
足の腱を切断されるような大きな切り傷だと思っていた。
神霊的な傷は霊体が傷つくので肉体に痕が浮かび上がる。

社持ち(やしろもち)の地場的神霊は 其の場所を動けない。
あ来寄へ方「あきよへほぅ」などの言い方をしてるなら相当に古い神霊だ。
呼称は池守(いけもり)でイケモ様か 又は守池(もりいけ)でモイケ様のだろう。 

本人の確認の為に神霊に印を付けられマーキングされたので生涯その場所に行かないほうが良い。
当時は天然痘とか栄養衛生で幼児の死亡率も高かったから
死期の近い子供が選ばれたのだろう。
生贄の事はそれ程は気にしないでもよい。

考えようによっては
是はマーキングの為にむしろ他の中小悪霊の手出しによる霊障は起き難いだろう。



元スレ:
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?296
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1338351077/


アクセスランキング amazon
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





 

最新記事

最新コメント

タグ一覧

RSS

カテゴリ

リンク

メールフォーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。