オカルトカレー Top > スポンサー広告 > 白い短パンの中心部にはオカルトカレー Top > 洒落怖話 > 白い短パンの中心部には

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

白い短パンの中心部には

744:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/05/27(日) 18:54:11.61 ID:hVhjVDY0O
昨日体験したばかりの実話です。
自分的には結構怖かったのでここに書きます。
家の近所には大きな運動公園があって、朝晩問わず数多くのランナーが外周を走り回っています。
明確なルールで決められてる訳じゃないんですけど、反時計回りにみんな同じ方向に走るってのがランナー達の暗黙の了解になっています。
それが、一人の女性ランナー(黄色いランニングウェア、下はスパッツみたいなのの上に白い短パン)が人の流れに反発して猛スピードで逆走してきたんですよ。
何かのドラマか映画で見た戦国武将の一騎当千みたいに、他のランナーを掻き分けて総大将に向かってまっしぐらっといった感じでした。
うわすげーな、と見ていると、僕のいる方にどんどん近づいてくるんです。
表情が確認できるくらいの距離まで接近、人とは思えない般若の形相、霊的な何かにとりつかれたような。
僕は元々気が弱くてパニックになりやすい性質で、車に轢かれるねこのように金縛りで目以外は自由が効かなくなって、うわぶつかる!!ビクッ
しかし黄色い人影は僕の寸前でクルッと方向転換してすぐ近くのトイレの中に走って入って行きました。

よく整備された公園で、だいたい200メートルに一つくらいはトイレがあるんですよ。
それをわざわざ逆走してまで少しでも近いトイレに駆け込むとは、あの人相当切羽詰まっていたんだなププッ、と思いながら、金縛りから解放されてマイペースでランニングを続けていました。
数分後、その黄色い女性が先程とはまったく違ったけんの取れた穏やかな表情と軽快な足取りで僕を抜いていきました。
(ぷぷ除霊成功か)
僕はちょっと面白い気分になって、遠ざかっていく彼女の背中を見送った。
しかし、白い短パンの中心部にはまあるく茶色いシミがついているのを見て、悲しい気持ちになりました。
思い出してもすごく不思議な体験です。

745:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 19:08:36.21 ID:FMnN7dNK0
トラックを反時計周りってのは各国共通だと思ってた。


元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?295
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337182518/



アクセスランキング amazon
関連記事

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
【トラバURL】http://okarutokaree.blog.fc2.com/tb.php/130-ed0603e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめtyaiました【白い短パンの中心部には】
744:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/05/27(日) 18:54:11.61 ID:hVhjVDY0O昨日体験したばかりの実話です。自分的には結構怖かったのでここに書きます。家の近所には大きな運動公園があって... まとめwoネタ速neo[2012/06/01 07:35]




 

最新記事

最新コメント

タグ一覧

RSS

カテゴリ

リンク

メールフォーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。