オカルトカレー Top > 2012年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

どの車の人達も固まってコッチ見てるんだ

256:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/09(土) 19:20:52.11 ID:G+crZIa00
山と言うか、釣りに行って深夜駅から歩くんだが、農免道という峠道を
海まで一時間半程歩くんだが、深夜懐中電灯で足元照らして、タクシーとかが
たまに通ると電気消して轢かれない様に草むらに立って車見てると
どの車の人達も固まってコッチ見てるんだ、あれ霊に間違われてたんだろうか

258:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 19:34:31.29 ID:D8d4brQr0
>>256
それ、100%間違えられてるね。
「山道走ってたらさ、ちょっと先に光が見えたんだよ、んで、その場に行くと光が
消えててさ、道端に立ってる人が。。。」

260:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 20:39:42.51 ID:qFhjbEyO0
>>256
楽しんでるでしょ?

261:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/09(土) 21:27:52.40 ID:qt/Dcq4X0
>260、とんでもない、深夜で民家がまるでないトコだから怖いのよ
しかしトンネルとか越えていく時、霊よりもトラック二台連続とかが怖くてね
二台来ると一台目の風圧で壁から道路の方へ吸い出されるから二台目に
ぶつかりそうになるのね、ワザとコッチの方へ寄って嫌がらせに来るのが
いるから命がけ、霊よりこれが怖かったですわ


262:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 21:32:34.67 ID:D8d4brQr0
ライト消さない方が避けてもらえるんじゃ?

263:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/09(土) 21:48:07.84 ID:lM0h4Jl5O
>>256
なんでわざわざライト消すんだよw ドライバーから見たら正直こえーよ!

264:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 22:05:55.79 ID:/u8Icejx0
>>256
バイトで新聞配達やってっけど、道端にそういう人いるとめちゃくちゃ怖いんだからなw
たまに玄関とかに年寄りが立ってたりするとめっちゃビクッ!!ってなるww

266:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/09(土) 22:17:20.63 ID:qt/Dcq4X0
今みたいに懐中電灯の点灯時間が長いのが少なかったのよ
電池代も高いから、どうしても釣行2,3回は電池持たせたくて
歩いてる時は消して歩いてて車が来るとライト点けて人がいますって知らせた後
轢かれない為に道路脇の草むらに入るから、足が消えてて・・・
ケチケチ釣行だったからだが、後で釣り場で話がでてて、あ、俺か
みたいだったんだが、言い出せずになぁ


元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon
スポンサーサイト

賭博場

242:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 11:10:23.29 ID:lGxcE9p6O
祖父から聞いた話なんだけど、昔、地元の山奥の神社には賭博場があったらしい。
それも一番奥の集落からさらに深く入った人も滅多に立ち入らないような山。
以前別スレで、同じ地方の別の山頂の神社でも昔は賭博が行われていたという話を見たので、あながちウソでもない模様。

しかしなんでそんな山奥に賭博場が?
官憲から逃れるためなのか、それとも賭博という名目で本当は何かの儀式とか神事でもやってたんだろうか?

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

歯の詰め物の金属が電波に反応して、本人にだけラジオの声が聞こえるって現象

221:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 18:05:59.63 ID:hpxf9UV60
非常に稀だけど、歯の詰め物の金属が電波に反応して、本人にだけ
ラジオの声が聞こえるって現象があるらしい、って以前2chのどこかで
読んだ
ちょうど頭の中に響いてくる感じで聞こえるらしい

ほんまかいな

てかこれ本当だったら、チップ埋め込んで狙った人を発狂させられるよね
映画みたい

222:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 18:34:11.49 ID:xt6aRRsY0
>>221


以前、歯の金属からトラック無線が聞こえてきたことあり。
後ろにトラックいたからそれを拾ったっぽい。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

人は居ないのだが、なぜか畑が在った

213:コースケ 投稿日:2012/06/08(金) 13:12:53.89 ID:48cm8aoO0
オレが山へ釣りをしに行った時の話

相当な上流で当然人は居ないのだが、なぜか畑が在った
樹が密集していて少し離れれば見えにくい場所に作られていた
発見した場所から去ろうとすると人が四人づれでそこに帰って(?)来たんだ
2~30代の男が三人
男子児童が一人

214:コースケ 投稿日:2012/06/08(金) 13:15:11.09 ID:48cm8aoO0
四人は旅装ではなく変な話浴衣のようで手には魚と山菜
親子にはちょっと見えなかった

四人組には鋭い眼で睨まれた
男の子にも

なんだったんだろうな

どうも住んでいる様子だったが訳ありで隠れていたのか

215:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 13:48:36.18 ID:C+y2nUvx0
大麻栽培の人たち

216:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 16:56:17.67 ID:A2YN21oR0
それなんて金田一少年の事件簿

217:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 16:57:22.65 ID:c2OQ5LMI0
お、大麻

218:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 17:40:13.20 ID:cUSgNGdq0
山奥なんて効率悪すぎるな。庭でこっそりやったほうが結局見つからないんじゃないか

219:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/08(金) 17:55:57.05 ID:IUj7zX7SO
庭だと警察に踏み込まれた際に言い逃れ出来ないからだろ
山奥で栽培してりゃ、おれが栽培した訳じゃない、おれは通りがかっただけだって言い張れる

220:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 17:57:16.35 ID:xt6aRRsY0
>>219
通報しました

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

「続けろ続けろ続けろ!」とおじいさんが怒鳴る。

721:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 13:27:58.24 ID:twvUCp2nO
そんなに怖くないけど本当にあったこと。
ちょっと汚いので注意して下さい。

百均で鼻の脂をとる棒を買ってみた。
小さい棒の先っぽにわっかがついていて、それを鼻に押しあてると脂が浮いてくるってやつ。
本当にとれるのかと思ってたんだけど、これがガチでとれるのね。キモいんだけど面白くて、毎日のように鏡に向かって脂をとってた。さすがに出てこない日もあったけど、キチガイのように夢中だったw

722:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 13:34:02.64 ID:twvUCp2nO
そんで、昨日の夜、またキチガイのように脂をひねり出してた。
あまり出て来なくてつまらないなあと思ってたらなんだか人の気配がした。ちなみに一人暮らし。
怖くなった。鏡を置いて脂とりをしまって、ベッドにもぐろうとしたら、「続けて続けて」っておじいさんみたいな声が聞こえてきた。
ハァ?怖かったけどなんだかイライラしたので、無視して寝ようと思ったら、「続けろ続けろ続けろ!」とおじいさんが怒鳴る。どこから怒鳴ってるんだよ、そもそも誰なの?とか思いながら、脂とりを再開した。

725:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/23(土) 13:52:22.42 ID:twvUCp2nO [3/3]
静かになった。
やめるとまたじじいが煩そうなので黙々と続けていたら、今まで見たことのないような物凄い脂が出た。
こんなの出るの?ってぐらい凄いやつだ。もうとにかく量が凄かった。
脂とりキチガイの身でも凄く気持ち悪くて、すぐティッシュで拭いた。
すると、「おおーっ!よかったよかった!」とじじいの声が聞こえた。
何が良かったんだ…とイライラしながら、恐る恐る鏡と脂とりをしまい、ティッシュを始末してベッドにもぐった。じじいの声は聞こえなくなった。
あ、電気消すの忘れてた。それに気付いて、よいしょと起き上がってベッドの上から電気の紐を引っ張ろうとしたら
「また見せてくれよう~」と声がして、またかよじじい!と思って辺りを見回した。
部屋の入り口の扉のちょっと開いた隙間から、真っ白な子供とじじいがこっち見てた…
ウワーッてなったが扉閉めに行くのも嫌だったんで見なかったことにして電気消して寝たフリした。すぐに眠れた。
起きたら何もいなかったが、脂とりはしばらくやめようと思う

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

サヤカは神道系に根強い力をもってた清華家の分家の出身

552:1/4[sage] 投稿日:2012/06/19(火) 18:07:13.96 ID:4AAllps80
んじゃ一つ。

32年交際歴なしの俺に去年の春に彼女が出来た。
俺はちょくちょく公園で口笛吹いてて、長く続けてるうちに
公園で遊ぶ子供たちから口笛おじちゃんと呼ばれて慕われてた。
彼女は、公園前の大通りの向こう側のコンビニで働く女子大生。
仕事帰りにちょくちょく俺が子供たちやその親御さん達に囲まれてる姿を見て
だんだん興味をもってくれたらしい。最初はそんな感じに説明されてた。

俺のことはハートマー君またはハートマン君としとこう。
ハートマー君というのは彼女が最初にこえかけて来る前から俺につけてた渾名。
俺はちょくちょく彼女の働く店に立ち寄ってたんだが。
どうにも俺は要領が悪くていつも受け取った釣りの小銭を財布にいれるのがもたつく。
それでまあ扉を尻でやさしく開けるという無精をするんだ。
最初、彼女はその扉を拭く仕事をやらされて、俺の事をあまり快くおもわなかったらしい。
しかし、俺の尻の跡がハートマークに見えなくもないと思ってからはハートマー君と同僚達と呼んでいたそうだ。
ハートマン君にしてくれと頼み込んだのは俺だ。ハートマー君はどう考えても32歳の男の渾名としては恥ずかしい。
うおっと余計な事が長くなった。ちなみに彼女はサヤカだ。

さて、サヤカと交際してから三ヶ月と少し。
彼女の所属してる同好会の合宿に誘われた。
行ってみると場所は黒姫の近くのキャンプ場。
自己紹介を終えて教えられた事。それはこれがオカルト研究会の合宿だったこと。
嫌な予感がした。俺はオカルトは好きだが、怖い場所にいくのは嫌いだ。
会長だと名乗った男曰く「このキャンプ場は出るって有名なんですよ」
ほーらきた!ほーらきた!ふざけるんじゃないと思いつつ。彼女の手前それは言えない。沽券に関わると虚勢を張って過ごしたものの、その忍耐力は2日で尽きた。
すると不思議と彼女が察したように寄り添ってくれるようになって、変なところ連れてきてごめんという。
で、その夜に、オカ研活動としてキャンプ場内で携帯のカメラで撮影した画像を見せ合った。
タカミチってやつが出した写真を見た時に、サヤカが腰を下ろしてた丸太から飛び退いて怯えた。
「ごめん。それやばい。いますぐ捨てて」

元倉庫番

538:元倉庫番[sage] 投稿日:2012/06/19(火) 13:06:04.93 ID:8q/QOzLk0
1/3
数年前の話

俺はとある倉庫の管理会社みたいなところで働いていた
仕事は倉庫番で、3交代24時間体制で事務所に詰める感じ
事務処理とごくまれにある来客の対応 そんなことをしていた
俺は、給料が良いという理由で深夜勤務を希望していた

新卒入社で最初の3年はA先輩と二人で事務所詰め
深夜はそれこそ来客も電話も無いので2人で十分
先輩は元気な人で、俺が定時に出勤すると必ず先にいて「オッス!お疲れ!」って挨拶してきた
先輩は仕事以外のことは色々と教えてくれた
仕事のことは「てきとーにやってればいいんじゃない?」とろくに教えてくれなかったけど

仕事はといえば、ほとんどやることもなくダラダラと一晩過ごして夜明け頃に交代して帰宅
これだけで日勤の3割り増しの給料になる
ただ、何もしなくても、ずっと夜勤ってのはやっぱり疲れる
10年頑張って金貯めて転職しよう とか考えてた
昼間は遊べないし、夜は仕事してるので金も貯まるだろう そう思ってた

539:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/19(火) 13:14:46.12 ID:8q/QOzLk0
4年目に入った時、後輩にB君が入ってきてA先輩と交代になった
それ以降は俺とB君が夜勤
B君は俺と同じような考えで「給料良いから夜勤にしました」なんて言ってた
A先輩はそのころ結婚(何故か昼間の事務員の可愛い子をもらってた)し
日勤にしたいと希望を出していたようなのですんなりと配置換えが行われた

同年代でなんとなく趣味も合い、B君とは上手くやってた
毎晩バカな話をして楽しく過ごしていた
時折意味不明なことを言ったり、なんとなく言葉の使い方が変だな?って思うこともあったけど

俺は友達が少ないから、B君なら友達になれるかなと思って休日に遊びに行かないか?等誘ってみたりもしたんだが
「勤務先の人とプライベートはどーたらこーたら」ってはぐらかされて結局一度も職場以外では会うことがなかった
まぁ、それでもB君とは楽しく仕事をしていた

風呂

523:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/19(火) 06:00:32.42 ID:XlDIKjBi0
小4くらいの時かな、お母さんから電話かかってきて風呂つけておいてって言われたんだ
そしてつけに行ったんだがなんか違和感あったけど無視してた
そしてお母さんが帰ってきたらくっさ!って言ったんだ
空焚きしてた
洒落にならんわ

525:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/19(火) 06:31:37.81 ID:frDye52S0
>>523
これは何気に怖い。経験あるだけになw

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

俺はとある集合住宅に入居した。

546:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/19(火) 15:32:57.62 ID:qZPwmYz80

数年前、俺はとある集合住宅に入居した。

越してきた翌年に、隣の方が部屋内で不幸な亡くなり方をした。

少し動揺したが、何とか住み続けた。

その翌年に、今度は反対隣の方がやはり部屋内で不幸な亡くなり方をした。

さすがに気味が悪くなり、引越しを検討した。

やっと金が貯まり、違う集合住宅に引っ越した。

隣の方の所に引越しの挨拶に行った。

2年前に、ここの階(8階)の廊下から飛び降り自殺した人がいると聞いた。

もう引っ越す気力も金も残っていない・・・。

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

クラスの水槽の金魚が殺される事があった

231:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 19:47:51.09 ID:07X0XPck0
人を怖がらせる話のツボを知ってて、文章が上手く
民俗学などの知識が豊富な人なんてもうめったに2chにはこないんだよ

あるいは真に霊能があって身の回りでのっぴきならない怪異が起きる人
そういう人がいたとしても2chには来ないだろう 

ここで書く益がないからな
この現状はいかんともしがたい
だから怖い話は百に一つと思って見てるしかないと思ってる

232:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 21:03:17.10 ID:bEXYJXx90
恐怖描写としては以下のようなものがあると思う。書き手は参考にしてくれ。
ろくな話が無い今、こういうレスも有りだろう。
俺は名作を書く力を持ち合わせていない。誰でもいいから頼むぜ!

・不安を煽る
・緊張と弛緩
・緩和のタイミング
・人間の想像が作り出す恐怖
・伝染する恐怖心と集団パニック
・「慣れる」恐怖と「慣れない」恐怖
・主導権を奪われる恐怖
・新たな認識によって意味が一転する恐怖
・選択肢と間違った選択
・確認したくなる心理とおびき寄せ
・死を連想させる象徴
・グロテスク
・誘導と期待
・追跡と逃走
・境界線を越えてくる恐怖
・パーソナルスペースへの侵入
・禁止や制約とその破棄
・日常から異界への侵入と帰還

233:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/16(土) 21:15:47.92 ID:5MZfxAkpO
だから作り話を公然と薦めるなってのw

一応、実体験を前提として期待してるこっちが冷めるでしょw

ジェットコースター並みの早さで引きずられて

205:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/16(土) 16:14:39.17 ID:KlD4aTNG0
体験談投下してもいい?

206:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/16(土) 16:19:07.99 ID:zpeaUHYi0
どーぞー

207:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/16(土) 16:26:29.60 ID:KlD4aTNG0
文章力ないしiPhoneからだから改行とかも変だったらごめん。
まだ実家に住んでいて、毎日仕事三昧だった頃の話。その日は何週間ぶりかの休みで、
いつもの癖で朝六時に目が覚めた。自分の部屋は和室なんだけど、朝日でゆっくりと目覚めたい私は、雨戸をいつも開けて寝ている。

障子から朝日が射してぼやーっと明るくなり、鳥の囀りなんかが聞こえてきた。頭もぼーっとしてる私は、暫くしてから今日が休みだって気付いて、二度寝することにした。実家はど田舎なもんで、早朝ってめーっちゃ静か。だもんで、すぐまた眠りに落ちた。

ふと気付くと、夢の中でばーちゃんちに居た。ばーちゃんちは平屋で寝室を襖で挟んだ向こうにリビング?がある。
そこに親戚やら家族やらが座ってテレビをみていて、私は一人布団で寝ながら、その様子を少し空いた襖から見ていた。
その時急に布団ごと横からぐわーっと押された。え?何?と思っていると、病院の廊下の様な処に来ていて、今度は廊下の端に向かって引きずられ始めた。

ある思考

172:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/15(金) 22:36:15.00 ID:8YJG++BD0
このスレと趣旨が違うかも知れないけど・・・
俺が体験した、不思議な話を書き込ませて欲しい。
その話とは、俺が偶然気づいた「ある思考」について。

通常、この世界は物理法則に基づき概念が変化している。
例えば、木と木を物理的につなぎ合わせて、家という概念を作り上げる。
あるいは、鉄を溶かして鋳型に流し込み、部品と部品を組み合わせて、エンジンとい
う概念が完成する。
しかし、ある方法を用いると、物理法則に因らず、概念を直接操作できてしまう。
その方法とは、ある「思考」と、「行動」を組み合わせる。

俺は、その思考に気づき、その方法を不十分ながら知ってしまった。
結果、俺は苦しむことになってしまった。

決して触れてはならないものがある。
それは、通常は物理法則に基づき形作られるべき「概念」を、直接操作する方法だ。
概念を操作すると、その変化を補完するために物理法則が生じるが、
それが、どのように出現するのかは、俺には分からない。
世界は緻密な精密機械のように無数の歯車で動いている。
その歯車の動きを操作することは、あまりに危険な行為だ。

決して触れてはならないもの、決して解明してはならないものが、この世界にはあ
る。
この世界は、物理と概念、これらが釣り合うことで、成り立っているのだから。

信じてもらえなくても構わない。
ただ、誰かに聞いてほしかった。

スレ汚し失礼しました。

173:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/15(金) 22:49:56.02 ID:0enbZ6ef0
なにその涼宮ハルヒ


元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

霊感をチェックする方法

158:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/15(金) 19:43:22.95 ID:skr/BAc/i
今から何年か前の話だけど霊感をチェックする方法ってのをどこかで覚えて試したんだ
霊感があれば何か生き物が見える、霊感が無ければ何も見えない
当然俺にも何も見えなかったし友達なんかにも試したけど誰も何も見えなかった
ただ当時付き合っていた彼女にはそのとき飼っていた犬が見えたらしく少し霊感があったようだ

その彼女と別れてから何年かして霊的な話で盛り上がったときに霊感チェック法を思い出して友達に試した
やはり誰も何も見なかったんだがオレもやらされた
前は何も見えなかったのに妹の部屋に女の左手が落ちているのが見えた
その左手には見覚えのある指輪をしており思い出すとそれは元彼女の手だった

後から知ったことだが元彼女は妹の同級生で友達だったらしい

怖くなくて申し訳ない

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/08(火) 11:33
例によって何人かで集まって怪談話しをしているとき、そのうちの1人が言い出しました。
「今から話す方法で、自分に霊感があるかどうかが判るんだって。
 まず頭の中で、自分の家の自分の部屋にいるイメージを思い浮かべて、
 そして、そこから順番に全部の部屋を覗いて回っていって、
 もしその途中で、どこかの部屋で自分以外の誰かに会ったら、
 霊感が強くて、見える時には見えちゃうんだって」

で、その時はその話を聞きながら、みんな試してみたそうですが、誰も“出会った”人はいなかったそうです。

ところが次の日、その中にいた1人がこう打ち明けてきました。
「実は私、あの話を試してた時に、会っちゃったんだ・・・。
 部屋に行ったら、見たとこもない男がそこへ座り込んで、私を睨んでいたの・・・。
 その時は、ちょっとびっくりしただけだったんだけどね・・・。
 でもその日、家に帰ってその部屋に行ったら、
 その男が同じ場所に座り込んで、私をじっと睨んでたの・・・」
『霊感があるかどうかが判る方法』 / 怖い話まとめブログ より

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

中年の7人ぐらいの女性が全員部屋の真ん中に椅子を円に置いて中央を 向いて座ってた。

144:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 15:43:02.05 ID:Egwny0dn0
文才ないけど
生命保険会社に勤めていたときの話。
代理店さんを集めて月一回研修会みたいなのを公民館の会議室
を借り切ってひらいてた。
そこの公民館には10人ぐらい入る会議室が5つぐらいあるんだけど
安いからだいたいどっかの団体が使ってて満室だった。
そこでいつものように会議室を借りて研修の準備をしてたとき、
トイレに行きたかったから廊下の突き当たりにあるトイレに向かったんだ。
トイレまでいくには他の部屋の前を通らなきゃいけない(俺の借りてる部屋
が1番端だったから)んだけど、ふと見ると右側の部屋のドアが空いてたから
何の気なしに部屋の中をみてしまった。
そしたら中年の7人ぐらいの女性が全員部屋の真ん中に椅子を円に置いて中央を
向いて座ってた。
(フルーツバスケットみたいなかんじで)
髪型は全員一緒で黒髪のおかっぱ。火垂るの墓のせっちゃんみたいな
感じ。
それだけでも異様なんだけど、もっと変だったのは全員目が黒目だけだった。
目を瞑ってるんじゃなくて目の形は普通の人と一緒で白目がない感じ。
その人たちが誰も一言もしゃべらずに、一人一人がニヤッって笑顔(声をださずに口だけ笑ってる)→無表情みたいのを延々と繰り返してた。
誰もしゃべってないから同じフロアに誰かいるなんて分からなかった。
めっちゃゾクっとしたから急いでしょんべんして研修して急いで会社に戻った。
何の集まりだったのか未だにわからないけど、目が真っ黒になる病気とかあるのかな。
イメージしづらいかもしれないけどそんなことがありました。
駄文すまそ。

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

周りに二件家と正三角形で囲むように家があるんだ

142:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 15:40:44.91 ID:tbVgWGbd0
俺のあんまり怖くないけど投下する

143:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 15:42:11.68 ID:tbVgWGbd0
俺の家があるんだけど
周りに二件家と正三角形で囲むように家があるんだ

俺の家はもともと売家でその売られた原因が怖いんだけれども
心霊現象が起きるから売られたみたんなんだよね
まぁ確かに夜中誰もいない俺の部屋の隣から人が走ってる音が聞こえたり
廊下を足だけが歩いてたりまぁ多々あるわけなんだ
そしてもう一件目の前の家も同じ理由で心霊現象が起きるからっていって売り払われた
確かになんども白装束みたいのを着た女の人みてるし
もう雰囲気からして違うんだ

近くに神社があるんだけどそこには女の人立ってるし
家の周りには色々あって怖い

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

なんでか夜になっても家に帰ろうとしない。



20:1/3[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:58:40.50 ID:ineasoG90 [1/3]
朝っぱらからいくよー
俺がガキの頃の実話。

俺にはふたつ年下の妹がいるんだが、その妹の友達がよくウチに遊びに来ていた。
妹は無口で友達が少なく、その子がほとんど唯一の友達だった。
その子はおおむね普通の子だったんだが、なんでか夜になっても家に帰ろうとしない。
いくらガキでも、他人の家のメシ時には帰るというのは分かっていそうなもんだが、
その子はうちの母親が「もう帰らなくていいの?」って言っても「大丈夫」と言うばかり。
まあ、世の中にはそういう空気読めなくて厚かましいガキもいるもんだけど。
その子は単なる厚かましいガキじゃなかった…というのが後でわかった。
ある時期を境に、その女の子はぱったりウチに来なくなった。

21:2/3[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:59:05.66 ID:ineasoG90 [2/3]
しばらく経った後、ふとその子のことを思い出して母親に聞いてみた。
○○ちゃん、最近ウチに来なくなったね、と。
すると、うちの母親の表情が途端に曇った。
なんでも、その子は施設に預けられたらしい。学校も変わり、もうウチには来ないとのこと。
あんまり唐突なので詳しく聞いてみると、どうも母親が警察に捕まったということらしい。
その子は母子家庭だったようで、母親が逮捕されたことで身寄りが無くなり、どこかの施設へ行ったとのこと。
しかし、逮捕なんてのはよっぽどのこと。何をしたのかと聞くと、殺人だとか何とか…。

22:3/3[sage] 投稿日:2012/06/14(木) 05:59:44.77 ID:ineasoG90 [3/3]
その母親には本来、その子の下にまだ二人ほど子供がいたらしいが、生活苦で育てられなくなり、
思い余って殺してしまっていたらしい。
おまけにその遺体はゴミ袋に入れて押入れにしまっていたとか。
逮捕のきっかけは、その遺体から漏れる腐敗臭に近所の人が気がついたかららしい。
その子は自分の兄弟の死体がある家で生活をしていたということになる。
そりゃ、帰りたくないわな…。
ちなみに俺の妹もそこへ遊びに行った事があるらしいが、臭さはよくわからなかったそうな。

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

生首

120:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 13:54:21.50 ID:qjte5Q9S0
怖い話投下しておK?

121:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 13:59:10.63 ID:qjte5Q9S0
つか投下するわ



いつの話だっけな。確か14歳くらいの話。
俺は当時結構山の上の方に住んでいて学校行くのにも絶対に森みたいなとこを抜けないといけなかったからかなり遠かったんだよね。
それでその「森」がまた曰く付きでな、確か自殺した女の人が出るっていう噂があったんだよ。
そんな山奥に住んでいるのは俺一人だったし。登校も下校も一人でそのうす暗い森を通らなきゃいけなかったから学校行きたくなかった。
でも友達と遊べないのも嫌だし仕方がなく学校に行ってたっていうような感じだった。

で、とある日に友人A(これからはAと呼ぶ)から「あの森って曰く付きなんだろ?」と聞かれたから「確か自殺があったんだと」って返事をしてしまったんだ。
ヤンチャで餓鬼みたいなAは「その森で肝試ししないか?」という提案をあげてきた。それを聞いた友人B、友人C、友人Dが「何それ面白そう」みたいな事いって入ってきた。
この後どんな会話をしたかは忘れたけど、とりあえずその日の夜10時に俺の家に集合になったことだけは覚えている。
あと俺は昔からチキンだったからかなりビビってた記憶もある。

約束の10時になった。もうみんな集まっていた。
俺の家は最初に言った通り「絶対」に森を通らないといけないから当然みんなその森を通ってきているわけだ。
それをもちろん知っていた俺は友人全員に「あまり怖くなかっただろ?」と肝試しを中止させたいがためにやせ我慢して言ったんだ。
この辺の記憶は曖昧なんだけど、確かAは「全然、めっちゃ面白そう」でBが「俺やっぱやめようかな、、、」って言ってた。CとDは完全に忘れたw
まぁそのあととりあえず最低限必要な懐中電灯とかそういうものを準備した。

田口さん

23:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 06:50:49.22 ID:wSYdmN7bO [1/9]
さっき、新聞配ってるオッサン見て久々に思い出したから投下する。 携帯からだから見にくかったらごめん。

俺が学生時代の話なんだけど、いわゆる新聞奨学生をやってたんだ。学校行きながら朝早く起きて(3時~5時ぐらい)新聞配るのって意外にきつくて、始まって1ヶ月で軽く音をあげてたw

24:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 06:54:53.84 ID:wSYdmN7bO [2/9]
それで新聞配達って、まぁやった事ある人は分かると思うけど不着っていうのがあってさ、要は配り忘れなんだけど新人の俺はけっこう不着してたんだ。だけどその中の一つ、田口(名前忘れたから田口で)さんっていう一軒家だけは何度やっても不着になる。

25:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 06:58:13.30 ID:wSYdmN7bO [3/9]
表札確認してるし、間違いは無いはずなんだけどなぁって納得いかなかった俺は、ある日、確かめるためにその家に新聞入れたら携帯で写メる事にした。
田口さん家のポストはドアに直接付いてるいわゆるドアポストという奴。角度的に全部は入らないので、三分の一くらいははみ出ている感じ。

26:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 06:58:45.37 ID:wSYdmN7bO [4/9]
とりあえず写メり、証拠を手に入れたのでまた配達に戻ろうとしてたら、はみ出てた新聞が中に引っ張られた。
正直な話、はみ出てたから誰かが盗んでたのかもしれないと思ってた俺は、それを見て安心して、配達を終わらした後支店に戻った。
その日はいつもより早く終わったため時刻は5時手前。支店には2つ上の先輩だけだったのでジュース飲みながら談笑。
そんで話は、俺の不着の話になり「今回は写メ取ったから大丈夫ですよ」と、先輩に写メを見せる。

27:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 07:01:41.36 ID:wSYdmN7bO [5/9]
そしたらいきなり先輩が笑い始めた。正直意味が分からない。「何で笑うんすか?」
「いや、お前が不着すんのも無理ねぇわ。お前が入れたの確かに田口さんだけど、その隣にも田口さんあんだよな」
先輩いわく、田口さんちは珍しい事に同じ名字の家が二軒並びになっているらしい。
「マジすか? じゃあ俺が入れてた田口さん2週間分得っすね~」

28:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 07:03:52.49 ID:wSYdmN7bO [6/9]
「いやそれはねぇよ。あそこんち一年ぐらい前から空き家で、誰も住んでねーから」
「え? でも今日中から新聞引っ張られたんすけど・・・。」俺の返答に先輩は驚いたらしく、2人で確かめにいこうと空き家に向かうことになった。
空き家は鍵がかかっていて、早朝に迷惑ながらもチャイム鳴らしたが誰も居ない。

29:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 07:06:13.54 ID:wSYdmN7bO [7/9]
もしかしたら泥棒かもしれないと先輩は警察に連絡。
しばらくして警察が来て、事情を説明すると、窓など人が入れそうな所を調べ始めた。結局、全部鍵が掛かっていたため泥棒の線は薄いという結果だったが後日念のため鍵を開けて調べてくれることに。
そして後日、ここからは警察に聴いた話だが、中は特に荒らされた様子もなく、窓にもしっかりと鍵が掛かっていて、泥棒はまずないとのこと。

30:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 07:09:17.15 ID:wSYdmN7bO [8/9]
ただ玄関には俺が入れた新聞が散らばっていたらしい。そして最後に警官が気になる事を言っていた。
「ん~でもおかしいんですよね~。この家のポストってマンションみたいに中に受け皿があるんですが、新聞は玄関の床に直接散らばっていたんですよ。」受け皿に入りきらないで溢れたとしても、何部かは必ず受け皿に残る。ただ警官の話では全てが床に散乱していたらしい。

31:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 07:13:06.19 ID:wSYdmN7bO [9/9]
そもそものあのポストは中から引っ張らない限り絶対に入らない。誰かが毎日中から引っ張らなければ新聞は入らなくなっていたはずだ。
結局、勘違いという事でその話は終わった。一応しばらく警官が巡回警備してたらしいが、人がいる気配はなかったらしい。 今もその家があるかどうか分からないけど、あの日、中から新聞を引っ張ったのは何だったのかと思うとゾッとする。

元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?297
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1339593810/


アクセスランキング amazon

田んぼで何かが動いてるのが見えた。

270:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 00:22:04.52 ID:aFd558afi [1/3]
山っていうか山間の村に祖父の家があるんだけど、そこの田んぼで妙なものを見たことがある。
ちょうど季節は夏で村を唯一通る国道に逃げ水が出来るほど熱かった。
当時小学生だった俺は妹と遊んだあとに田んぼ手前の畦道に座って駄菓子屋で買ったチューチューを食べてたんだ。
特にわけもなく目の前をぼーっと眺めてると、目の前の田んぼから道を一本挟んだ向こう側の田んぼで何かが動いてるのが見えた。
田んぼには水が貼ってて勝手にそこに入ると叱られる。だから農家のおっさんかと思った。
でもよく見ると違った。100mは離れていたからハッキリとは見えなかったけど。
それは例えるなら顔も手も足も段ボールみたいに四角かった。
顔に大きな段ボールを被って、手足に小さな段ボールをつけてる感じ。
そいつが田んぼの中で動いてる。
「なんじゃあれ!」って思って、もっと近くで見ようと近付こうとした時に婆ちゃんが呼びに来た。「スイカ切ったけん帰ってこい」って。

272:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 00:27:16.15 ID:aFd558afi [2/3]
声かけられたもんで、ばあちゃんの方振り返って、もう一回向こうの田んぼ見た時にはもう消えてた。
そのあとスイカ食べながら、みんなに話したんだけど、誰にも信じてもらえず。
妹も見てないようだった。
不思議なのは水貼ってた田んぼなのに足が見えてたこと。アメンボみたいに浮いて見えたんだ。
暑い夏だったんで蜃気楼か何かかとは思うんだけど、あんな形の蜃気楼は見たことも聞いたこともない。
もし似たようなもの見た人がいたら教えてください。

長文失礼しました。

271:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 00:26:16.52 ID:gkmo0WkO0
>>270
四角いって点以外まるでまともに見たら発狂するという伝説のクネクネさんだな

273:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 00:29:05.92 ID:aFd558afi [3/3]
>>271
クネクネみたいにくねくね動いてはなかった。
スイスイと田んぼを横切る感じ。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

夜、尻に尻尾のように手ぬぐいとか付けてその格好で神社の廻りを回る

274:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/10(日) 00:30:48.44 ID:IVFQzUUL0
 10数年前、亡くなった叔父と雑談してた時に、
 伯父の故郷の山にあった神社の話が出てきた。
 
 もともと小さな集落で娯楽なんてある訳でもないので伯父が若い時は、
 村の若い連中はそこの社?に集まって酒を飲んで騒いで、って感じで遊んでたらしい。

 で、その時に不思議な事があったと。

 いつものようにワイワイやってたら仲間の1人が
 「「夜、尻に尻尾のように手ぬぐいとか付けてその格好で神社の廻りを右だか左だか(ごめんうろ覚え)に何周(確か3周)か(1人で)回る」不思議な事にこれをやろうとしてもどういう訳か絶対に周りきれないらしいんだよ。」と言い出して、

 そんなバカな事があるか、やってやろうじゃないかって話になったらしい。
 でその場にいた全員でチャレンジして結局誰一人出来なかったと。
 叔父は「その時(社を一人で回っている時)」に何があったのかは結局教えてくれなかったんだけど、

 そんなバカなと思いつつも何か聞いてて薄気味悪かった。
 何かいわれでもあるんだろうか。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

アオダイショウ

350:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/11(月) 22:34:36.09 ID:W6Ebtujc0
怖くも何ともない、すまん。
自宅から一時間位の山によくドライブ行くんだが。

その山には集落があってさ。10戸くらいの小さな集落で、
ヒガンザクラの巨木があって、古き良き綺麗な集落なんだ。
その付近を通ってたら、割と大きなアオダイショウが道路で日向ぼっこ。
俺、速攻フルブレーキで、なんとか轢かずに済んだ。
なんだよ、こんな所で休んでちゃ危ないよ…と車降りてどかそうとした時。
対向車登場。
地元民ぽい軽トラのおっちゃんが、こちらに爆走してくる。
で、一切減速せずにそのままオーバーザスネーク!!
ズ シ ャ ッ 。
後に残されたのは、ぽかーんとしてる俺と呆然としてる嫁、
礫死体と化したアオたん。

山中に暮らしてる方々は、色んな意味で突き抜けてるんだな、と思った。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

京都府にある某林道にまた深夜ドライブに行った時なんですが・・・。

352:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/11(月) 22:55:53.67 ID:ZBQsLTdc0
さっき思い出した山ネタをもう一つ・・・。

京都府にある某林道にまた深夜ドライブに行った時なんですが・・・。
友人3人連れて愛車のジムニーで滋賀から京北に抜ける酷道の旧道へ。
旧道と言ってもほとんど未舗装でどっちかというと林道のような場所です。
京都側から旧道に入り、オフロードでテンション上がりつつトコトコと林道を登っていきました。
途中、路面が結構えぐれているところがあるので夜にそこまで行くのは危険なので途中の広場まで行って
山の空気を味わいに外へ出ました。季節は秋でそろそろ夜は肌寒い時期でした。
まったりとコーヒーを呑みながらタバコをくゆらしていると秋の夜らしいそよ風がふわ~っと吹いてきて
「気持ちいいな~」なんてみんなで休憩しておりました。その時にふと、
「この辺って源平合戦の時の落ち武者や天狗伝説とかあるみたいよ~。」なんて言っていると・・・
急に風が止んで、空気がキュッと冷えた感じがしました。
「やっぱりもう夜は冷えるね。」なんて喋ってると一人がトイレと言い出し崖のほうへ向いて
ご自慢のおマグナムを露出プレイしだしまして・・・w
僕は「そんなとこでしてっと神さんにおこられっぞーw」なんて言っていました。
すると風もないのに、「フォーーーーー・・・・・・・」と笛のような音が山中にこだましてきて


353:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/11(月) 22:57:27.78 ID:ZBQsLTdc0
>>352の続き

最初は風鳴りかな?っと思っていたんですが、風は吹いていない・・・。
ていうかものすごい大きな音で空から聞こえてくるようなすごい音でした。
ビンの口に息を吹いて出すような音といったらいいんでしょうか。
耳で感じるというより体全体から感じるようなすごい音でした。

さすがに「あ・・・これなんかある・・・」と思ってすぐにみんなを車に載せ
ゆっくり旧道を下りました。別になにか実害があったというわけじゃないんですが
僕は運転している最中に森の中で何かが飛び交っているような感覚を覚え、
今日は来ちゃ行けない日だったのかなぁ・・・なんて思いながらしばらく行ったとこにある道の駅へ。

そこでみんなにさっきの音のことを聞いてみたら、全員がその音を聞いておりました。
でも怖さというより、諭されるというか警告のような物に皆が感じていました。
特に道中なにかあったわけじゃないですがすごく不思議な体験でした。
僕が勝手に解釈しているだけなんですが、
山の神さんかなんかが「今日は来ちゃいかんよ。帰りなさい。」って忠告してくれたんだと思っていますw
もともと天狗やら山伏やら伝承がある地域なんで。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

夜間親父と峠越えしてて事故った車を救助した

413:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 01:26:52.85 ID:EUF+z6Bh0
ガキの頃、夜間親父と峠越えしてて事故った車を救助した
狸さん親子の道路横断に驚いて急ブレーキ+急ハンドル→スピンしてガードレールのポールに突っ込み→
→反動で山側の崖に激突して停止。(親たぬさんは轢かれて死んでた)
運転手の男は軽症。助手席の女は重傷で、後ろに乗ってた男2人の内一人は重体だった
ガードレール突き破ってたら崖下に落ちてたら死人が出てたろう

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

388:顔 ◆3EgJTOI8PA 投稿日:2012/06/12(火) 17:53:34.25 ID:8RV49ABL0
もうお爺さんになってしまった猟師の若い頃の昔の話。

その日、彼はほとんど誰も立ち入らない「蛇山」という山に入った。
周りにいくつか山があるが、その山は地元の部落の人も忌み嫌って入ろうと
せず、草はぼうぼうで蛇はあちこちに出る不思議な山なのだ。
なぜかその山だけ、昔から「二首の蛇を見た」とか「蛇がやたらでかい」とか
「見たことも聞いたこともない毒ヘビがいる」だとかとかく噂があった。
その噂の通りなのか、人が立ち入らないせいなのか、なるほど、やたらと
蛇が多い。十歩歩けばガサガサッ!猟犬が歩いてもガサガサッ!と、
ひなたぼっこ中の蛇たちがウジャウジャいた。おまけにみんなでかい。
ほとんどの蛇が2mはあろうかという大きさ。小さいモノもいるが、
尋常じゃなく蛇が多い。

389:顔 ◆3EgJTOI8PA 投稿日:2012/06/12(火) 18:07:49.71 ID:8RV49ABL0
続き

そして、沢に出たとき、ちょっと一休み・・・と腰を下ろすと
すぐ近くに石が積み重なっている場所がある。
「あ~一昨年の大水で石が流されたのか・・・蛇の巣になってそうだな」
とつぶやいたとき、その石の間からニョロニョロと蛇が一匹出て来た。
どうやら予想通りに蛇の巣になっているようだ。

そんなことはどうでもいい

この蛇は何だ?

その蛇は、熊のような丸い耳をもち、体が血のように赤い。
特別でかいわけではないが1m少しはありそうだ。こんな蛇は今までに
見たことも無ければ聞いたこともない。しかも動物みたいな耳があるなど
もはや蛇としておかしい。もっとよく見れば蛇なのに手がある。
小さくか細いが、明らかに手だ。手を振り上げ、尻尾を振って威嚇している。
すると、猟犬が勝手に飛びかかった。しばらく絡み合った後、蛇は巣へ逃げて
猟犬は脚を噛まれて泣いている。
そこでハッとして、猟犬のケガを診てみると血が出ている。毒ヘビだったのかも
しれない・・・。急いで犬を抱えると、村に向かって走った。しかし、自分が
数歩歩いたところで、猟犬は四肢をピーンと伸ばして息絶えた。アレは毒ヘビだったのだ。
直感でそうわかった。以来、その山には立ち入らず、その蛇の名を調べ続けたが
ついに分かることはなかった。今でも図書館などにいっては暇なし調べているが
未だに分からないのだった。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

・・・カーン カーン! カーン! カーン! カーン!!


414:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/14(木) 01:30:00.41 ID:rF3CK/zUO
では自分も山を車で走ってた時の話を一つ。

ある夜、友人の車に乗せてもらって山にドライブに行った。
ちょうど今くらいの季節でエアコンつけるまでもないので窓を開けてたんだが、

・・・カーン カーン! カーン! カーン! カーン!!

どこからともなく何か金属を打ち鳴らすような音が聞こえてくる・・・しかも段々音が近づいてくる。
友人と2人ビビりながらあるカーブを曲がったら、道の真ん中に白い服を着て薄笑いを浮かべたジイさんが立ってた!
両手に金属の灰皿を持ち、猿がシンバル打ち鳴らす昔のオモチャのようにそれを鳴らしてた。

危うく引きそうになったのをなんとか回避して、それから後ろも振り返らずにスピード上げて逃げました。

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

じいちゃんはすかさず鉈を出して「ご想像にお任せします」したわけだ

441:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/15(金) 00:02:31.54 ID:me5G7fPGO
田舎の国道だと、猿や猪やイタチ、ハクビシンが要注意だな
住宅街が近くにあっても、いやあるからこそ山の獣は降りてくる
猪で車破壊された場合、保険って降りるのかな?

442:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/15(金) 00:46:32.64 ID:gA3T+P7rO
>>441
猪特約(掛け捨て型)に入らないとダメッスww

443:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 01:21:23.17 ID:+0Gk0DWB0
>>442
本気で探しちゃったじゃねーか

これだけじゃなんなんで、山育ちの俺から不思議な話をひとつ

ばあちゃんが経験した話
昔、じいちゃんが少し若い頃、山仕事が終わって軽トラでの帰り道
まぁ今よりは若かったし早く家帰って酒飲みたかったらしくてさ、結構無茶な運転してたらしいんだ
それで猪を轢いちゃったんだよ
もちろん車はボコボコ、あんまり大きくない猪だったから、猪はふっ飛んで気絶
ぶつかった衝撃も何のその、産まれてから生粋の山っ子のじいちゃんはすかさず鉈を出して「ご想像にお任せします」したわけだ
それでボロボロになった軽トラの荷台に猪積んで意気揚々と家に帰ったんだけど
家の庭にはすでに肉切り包丁と新聞紙なんかの所謂捌く準備が万端だった
携帯なんかあるわけなく、じいちゃんもなんでや?と首を傾げてると、婆ちゃんが言うわけよ
夕方、庭にそれは大きな猪が来て穴を掘りに来た
ひとしきり穴を掘った後、何事かと見てた私をじっと見つめて一声高く鳴いて山に帰っていった
それはそれは大きな猪だったからきっと山の使いに違いない
だから、今日はあんたが狸かなんか持って帰って来ると思ったから用意しといたんだ
じいちゃんもこれに驚く、訳もなく、後は二人で不思議なこともあるもんだとおいしく猪を食べたそうな
でも、それからうちの家は食べた動物の供養は今でもその穴の付近にしてるんだよ
信心(?)深いのか深くないのか

444:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/15(金) 01:41:11.01 ID:4hS9LCY/0
関連性が全くわからないな

445:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/15(金) 02:15:42.21 ID:+0Gk0DWB0
>>444
あれ?山の話で、スレの流れの野性動物を轢く、猪特約ってのに関連したつもりなんだが
なんかすまんよ

元スレ:
 ∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part62∧∧
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1337753866/


アクセスランキング amazon

小僧を引き寄せ、なんと思いっきり谷底に蹴り落とした

276:本当にあった怖い名無し 投稿日:2012/06/10(日) 02:14:58.60 ID:giSKYbDBO [1/3]
祖父から聞いた話。
曾祖父が狐に化かされたことがあるらしい。
夜、油揚げだか魚だかを持って山道を歩いてたら、小僧が現れて後を着いてきたとか。
咄嗟に狐だ!と直感した曾祖父、「小僧や小僧、お側においで」と小僧を引き寄せ、なんと思いっきり谷底に蹴り落としたんだとか!

もし、万が一本当に人間の子供だったらどうするつもりだったんだ曾祖父よ(;゚д゚)
ただその後、子供の遺体が見つかったという話も出なかったので、やっぱりあれは狐だったということで納得したらしい。

そこには90cm程度の男の子の人形が入って居ました。

539 :1[sage]:2012/06/07(木) 16:18:16.84 ID:HTNfKLET0
私は解体業界に身を置く者です。
この業界は人の思いのこもった建物を壊す事を生業としている為か往々にしてやれ御祝いだ、
神主様の祈祷だとなりそれらの事が身近に有る業界です。
この業界で過ごす者なら大小様々な体験・話を聞いていると言って良いでしょう、ご多分に漏れず私にも
そういう経験があります、その中の一つの話。

540 :2[sage]:2012/06/07(木) 16:20:25.90 ID:HTNfKLET0
ある物件で有ったことですが、それは付き合いの有る業者の倉庫の解体工事でした。
その倉庫は先先代の社長の時に建てられた倉庫で昭和初期の物でした。
木造の建物は傷みきって2階に上がる階段も抜け落ちている状況で、外側だけを見て見積し
工事開始となりました。

541 :3[sage]:2012/06/07(木) 16:23:32.90 ID:HTNfKLET0
工事が始まり内装撤去という家財道具や分別できる物を仕分ける作業中にいきなり下請けのリーダーか
ら階段の抜け落ちていた2階に呼ばれました。
リーダーに話を聞くと作業員が子供が居ると騒いでいるとの事でした。
こういう廃屋は子供の遊び場になっている事も有るので全員で子供が居てないか探して回りました、

543 :4[sage]:2012/06/07(木) 16:25:37.04 ID:HTNfKLET0
その際子供が隠れていないかと行李(こうり)を開けた作業員が叫び声を上げ、皆が集まりその行李を
覗くとそこには90cm程度の男の子の人形が入って居ました。
その人形は普通ではなくしんが入っている様に感じました、皆も何か感じるものがあるらしく
この人形が有る限りは仕事できないと言い帰ってしまいました。

544 :5[sage]:2012/06/07(木) 16:27:46.45 ID:HTNfKLET0
私はすぐに担当さんに電話し、担当さんにその人形を見せましたところ、なぜこんな人形が
会社の倉庫に有るのか調べてみますとの事でした。
3日後、担当さんから会社に来て欲しいと電話が有り伺うと社長と会長及び会長の祖母が

545 :6[sage]:2012/06/07(木) 16:29:50.18 ID:HTNfKLET0
対応して下さいました。人形について伺うとこの人形は会長の弟さんが生まれたときに
高名な占い師に作ってもらった人形との事でした、占い師に名前を決めてもらいに行った際に
この子は長生きできないと言われた両親は占い師に頼みこの身代わり人形を作ってもらったそうです。

546 :本当にあった怖い名無し[sage]:2012/06/07(木) 16:31:20.23 ID:tQVVpc0U0
90㎝とは結構大きい。
身代わり人形ですか。

正に人形の語源そのままですね。


547 :7[sage]:2012/06/07(木) 16:31:53.56 ID:HTNfKLET0
しかし、弟さんは出兵した戦地で亡くなり、人形も疎開の際に燃えてはいけないと倉庫に預けたまま
忘れてしまったそうです。
倉庫に眠ったままの人形を取りに来られた会長さんは遺骨の無い弟さんの遺骨として埋葬しますと言い
人形を持って帰りました、会長の祖母もありがとう、ありがとうと言い帰られました。

548 :8[sage]:2012/06/07(木) 16:34:12.23 ID:HTNfKLET0
ですが気になる事が幾つか有ります、第一に作業員が聞いた声は子供達の声らしい事、
第二に私が人形を見た際に感じたのは子供という感じでした、
第三に身代わり人形という何かを御墓に入れて良いものなのか?
工事が終わり社長らに会うことも無くなったのでその後については謎です。

549 :本当にあった怖い名無し[sage]:2012/06/07(木) 16:59:28.14 ID:OZtXY0380
興味深い話ですね
弟さんの身代わりにと作った人形だけど、弟さんは結局長生きはされなかった
占い師の予言通りになったわけで、人形は身代わりとしての役割を果たさなかったわけだ

それは当時から身代わりではなく、人形としての別人格を宿したため?
いろいろ考えさせられるお話だ



元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?296
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1338351077/


アクセスランキング amazon

べチャっと潰れてしまって


527 :1[sage]:2012/06/07(木) 12:50:11.23 ID:HUN9uTml0
中学生までフィギュアスケートを習っていました
俺はルッツをインサイド気味で踏み切る癖があってよくeが付いてしまっていた
その日は教室が終わってもコーンを置いてその内側で友達3人に見てもらいながらジャンプの矯正してた
ジャンプと言ってもあまりスペースは取れないからシングルにして踏み切りの感覚を掴んでただけだけどな
閉館も近づくと客も大分減りスペースも余ってたのでコーンを広げて見ていた友達も各々スピンやジャンプの練習をしていた
俺は少し離れた場所で友達を眺めていてあることに気付いた
友達の靴に蛙みたいなのがくっ付いてる
マスコットみたいな可愛い奴じゃなくて本当に本物の蛙しかもべチャっと潰れてしまってかなりグロイ
俺が凝視しているのに気付いたのか友達がこちらに向かってくる。
友達「なんだよ?」
俺は視線を落してジッと友達の靴を見つめた潰れた蛙がナメクジのようにゆっくり動き靴の裏の方に移動してゆく
俺「ごめん俺何か疲れてるみたいだわ」
その時はマジでそう思ってあまり深く考えていなかった
俺は今日はもう切り上げて先に帰る事にした

528 :2[sage]:2012/06/07(木) 13:14:18.94 ID:HUN9uTml0
更衣室に入るとドッと疲れが襲ってきて思わずその場に座り込んでしまった
俺のロッカーの前にちょうどその友達の荷物が置いてある
嫌がらせか?かなり重い
そいつに文句の1つでも言いたいがそれをしに戻るのもめんどくさいから辞めた
そいつの荷物を思いっきしひっぱるといきなり頭をガツンと強く叩かれた
俺は踏ん張る力も無くて荷物の上に顔面から倒れてしまった
体が動かないので顔を横にずらして後ろを見るとこの荷物の持ち主が立っていた
「お前見えてるだろ?」
そういうとあいつはリンクに戻って行った

俺今まであまり怖い体験とかした事無いんだけど唯一それっぽいのは小6の頃体験した
この出来事だわしかも結局その後もあれが何だったのか友達に聞けて無いんだよね
俺へタレ過ぎww


元スレ:
 死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?296
 ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1338351077/


アクセスランキング amazon

大きなローラーが前についた車に,女性従業員がひき殺された

506 :本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 09:58:14.36 ID:6R/OCGUJ0
怖い話というか,なんというか・・・
とりあえず,書いてみる。
俺は,とある調査関係の仕事をやっている。
4年ほど前に引き受けた調査で,労災関連の話があった。
ある会社で,事故があった。
ローラー車というのかな,地ならしする大きなローラーが前についた車に,女性従業員がひき殺されたって事件だった。
保険の支給の関係上,事故の概要調査や,遺族の意向を聞く必要があった。
で,俺は,遺族の話を聞きに,女性従業員の実家へと車で向かったんだ。
関西の方だが,俺自身は,初めての地域だった。元々漁村だったこともあり(今も釣り客は多いみたいだが),潮の香りに満ちた,何というか集落というのは,こういうところを言うんだろうなと思った。
人通りもほとんどなく,天気が良い。昔ながらの家々が建ち並び,なんだか郷愁を誘う。
ただ,結構道が入り組んでたり,一方通行が多かったりするんで,ナビではこれ以上無理と思い,車を空き地のようなところに停めて,俺は徒歩で家を探すことにした。




 

最新記事

最新コメント

タグ一覧

RSS

カテゴリ

リンク

メールフォーム

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。